アートメイクに関する注意点

少し前までは考えられなかったものが常識になっているという光景を、目にした人もいることでしょう。
数十年前までは携帯電話が子供にまで普及するとは考えられませんでしたし、
これから先の未来ではもっと予測不可能なことが当たり前として受け入れられているかもしれません。
お化粧といえばコスメを肌に乗せるものという認識が一般的ですが、
最近ではアートメイクを活用する人も増えてきました。
携帯電話の例を考えると、将来にはアートメイクを利用することが
当たり前になっているという可能性も否定出来ませんよね。
そこで今回は、アートメイクに関する注意点について詳しくご紹介します。

アートメイクは刺青と同様に肌に色素成分を打ち込み、皮膚そのものを染色するという施術のことです。
刺青と大きく異なるのは、時間を重ねるにつれて少しずつ色が落ちてくるという点です。
アートメイクは皮膚の浅い層に色素を打ち込むので、刺青のように半永久的に肌に残ることはありません。
それでも一般的なコスメと比較すれば、格段に長持ちしますし、
そもそも水や汗が付着したくらいでは全く落ちることが無いのです。

眉をはじめとした、お化粧に時間がかかる一方で繊細なテクニックを必要とする部位には、
アートメイクで色素を沈着させておくと、出掛ける前の準備時間を短縮させることが出来ます。
注意点としては、アートメイクでは多少の痛みを伴うことがあるという点です。
最近では麻酔が発達していますが、チクチクと突かれるような痛みを感じることは否定出来ません。

またアートメイクをするクリニックによっても麻酔の方法は異なるので、事前に確認するのがおすすめです。
施術時間はカウンセリングから施術を含めて2時間程度と短い期間で済むのも特徴といえます。
アートメイクはレーザー照射による除去手術でデザインを変えられるというのも大きな特徴となっています。
レーザー照射では、すべてのアートメイクを一度に除去するのが難しいこともあります。
なぜかというと、レーザーの照射によって副次的に色素が沈着することもあり、
それが安定してからでないと、皆さんの皮膚の色そのものが変わってしまうケースが見受けられるからです。
そのためアートメイク除去手術を受ける際には、数日間の余裕を持っておくことをおすすめします。

ただし、レーザーを照射する時間が短い、すなわち除去する部位が小さければ
何度も施術をする必要もなくなるので、今回は、眉尻の部分だけ除去して、
次は全体的に薄くするといった計画的に沿ってアートメイク除去をしていくと良いでしょう。

アートメイク除去の具体例

女性の皆さんの中には、アートメイクでお化粧の手間を減らしているという人もいると思います。
アートメイクは刺青と同視されがちですが、肌にかける負担や将来性は大きく異なるのです。
刺青は肌の深い部分に色素を埋め込むために、除去手術をしなくては消えることはありません。

しかし、アートメイクの場合は色素を定着させてから数年経てば少しずつ薄くなってくるのです。
これは、アートメイクの方が肌の浅い部分を染色しているから起こり得る現象といえます。
アートメイクは刺青に比べれば色が落ちやすい施術ではありますが、
水で濡れたり石鹸をつけて擦ったりしたとしても消える可能性は限りなく低いといえます。
肌自体が色素で染まっている状態にあるわけですから、
そうした外的な刺激ではなかなか落とすことは難しいのです。
では、自然に落ちるのを任せるしかないのかという疑問をお持ちの方もいるでしょう。
今回は、アートメイク除去の手術における具体的なケースについて見ていきます。

アートメイクの除去といっても、お客の要望によって様々な取り除き方があります。
職場の環境やプライベートにおける状況が変わったから、
アートメイクで作った眉を全て消して欲しいというケースは良く見られます。
こういった場合には、レーザーを照射して眉を染めた色素を取り除くことになるのです。
アートメイク除去は医療行為ですから、医師の監修のもとで行われる手術の一種となっています。
このレーザーは眉だけでなく目の際といった細かい部分にも照射することが可能です。
そのため、アートメイク除去を望まれる方の中には、アートメイクの全てを消すのではなく、
部分的にデザインを変更したいという理由でクリニックにやってくることもあるのです。

豊富な施術経験を持つクリニックでは症例写真を提示しながら具体的なケースについての情報を公開しています。
施術の流れとしては、レーザーを照射する箇所に麻酔効果のあるクリームを塗り、さらに局所麻酔を注射します。
そこにレーザーを当てることになるので、施術中に痛みを覚えずに済むことも少なくありません。
レーザーによるアートメイク除去施術では、ダウンタイムが比較的短いというのもメリットといえます。
肌が赤く炎症したり、かさぶたになったりしたような症状に陥ることもありますが、
多くの場合は腫れが数時間で収まり、シャワーを浴びても問題ないとされることが多いのです。
もちろん、皆さんの体質やアートメイクの施し方によって症状が変わることもありますから、
アートメイク除去の手術を受ける際には、医師の説明にしっかりと耳を傾けましょう。

アートメイクはどんな行為?

全く前提知識のない人がアートメイクという言葉を聞いたとき、
もしかすると芸術的な化粧のことを想像してしまうかもしれません。
しかし実際のアートメイクは、肌の表皮と呼ばれる部分に色素を打ち込み、色を定着させることを意味します。
今回は、こうしたアートメイクがどのような行為にあたるのかについて詳しく見ていきましょう。

アートメイクを行うことが出来るのは、基本的に医師やそれに従事する医療関係者のみです。
なぜかというと、針を肌に差して色素を打ち込むという行動は、歴とした医療行為であるからです。
医療関係者であっても医師の監督が無い中で行ってしまうと、
そのアートメイクは違法となることを覚えておきましょう。

アートメイクの特徴は、刺青のように半永久的に肌に残るものではないという点です。
色素は肌の浅い部分に沈着するように打たれるので、数年経つと消えてしまうことも少なくありません。
こうした手軽さから、メイクをする手間を省きたいという女性が
眉やリップといった部位にアートメイクをすることも多いのです。
アートメイクによって形作られた眉は外から擦ったり、
水をかけられたりといったアクシデントでも消える可能性は非常に低いといえます。
仕事で汗をかく人や、メイクを直す時間がなかなか取れないといった女性の皆さんから支持されている理由です。

アートメイクで眉の部分に色素を打ち込む際には、ベースとなるラインだけに留める人も多いのですが、
中にはメイクが全く必要ないぐらいにはっきりとした眉にして欲しいという要望を持つ方もいます。
このように大きなアートメイクを肌に施してしまうと除去手術でも
それなりに時間が必要になることに留意してい下さい。

アートメイクの除去はレーザーを照射して色素を取り除くという方法で行うのが一般的です。
こちらもまた医療行為の一種ですから、医師やその監督下にある
看護師をはじめとした医療関係者でなくては施術が許されません。
アートメイクした面積が広いほどレーザーを当てる時間が長くなり、肌にも負担をかけることになるのです。

アートメイク除去の施術では、色素の種類によって肌がチクチクと痛む、
炎症を起こすといった事態に陥ることもあります。
クリニックの中には、ホームページでこうした症例を紹介したうえで
対処の方法について記載しているところもあるので、
アートメイク除去の経験が豊富なクリニックを選んだ方が患者の負担も小さい傾向にあるといえるでしょう。
アートメイクで肌を彩ろうと考えている方は、
アートメイク除去をすることになったケースも頭に入れながら手術に臨みましょう。

アートメイクとタトゥーの違い

皆さんはタトゥーについてどのような考えをおお餅でしょうか?
刺青ともいわれるタトゥーをしていることで、入場制限がかかる施設もあるなど、
日本ではあまり歓迎されていないように見えるタトゥーですが、
実はタトゥーとよく似た施術を受ける女性が最近は増えているのです。
それはいわゆるアートメイクと呼ばれるもので、
お化粧にかける時間を節約したいという女性から支持されています。
今回は、タトゥーとアートメイクの違いについて詳しく見ていきましょう。

アートメイクとタトゥーの違いを知る前に、まずは共通点からご紹介します。
両者ともに共通なのは、肌の中に注射で色素を打ち込むという施術です。
注射によって打ち込まれた色素によって、肌に色を付けるという点は全く同じなのですが、
大きな違いは打ち込む場所にあります。
アートおメイクの場合は、肌の外側に位置する部位、いわゆる表皮にまでしか色素を定着させません。

一方のタトゥーはそれよりも一段下の真皮という層にまで色素が定着するのです。
これによって生まれるタトゥーとアートメイクの違いは、除去のしやすさです。
アートメイクは、色素を打ち込んでから数年経てば自然と色が落ちてきます。
これは、表皮の部分が少しずつ当たらいものに変わっていくことで
打ち込まれた色素が少なくなっていくからです。
一方のタトゥーは肌の深い部分にまで浸透しているので、
外部からの刺激や肌の生まれ変わりで消えてしまうということがないのです。

また、タトゥーとアートメイクは用途も異なる点を覚えておきましょう。
アートメイクは眉をはじめとした化粧を必要とする部分に色素を打ち込みます。
こうすることで、眉毛を描くといった化粧の手間が省けるだけでなく、
洗顔やクレンジングで落ちてしまうことのないメイクを維持出来るのです。
こうしたメリットを享受出来るのは眉だけでなく、リップやアイラインにも適用可能です。
事故やケガで眉毛が生えなくなってしまったという人が利用することもあるので、
決しておしゃれだけが目的の手術ではないことも覚えておきましょう。

一方のタトゥーは、デザイン性を意識した作品としての側面を持っており、
個性を表現する手段としても用いられています。
アートメイクは除去手術によって肌から色素を抜くことが出来ます。
クリニックでのアートメイク除去手術はレーザーを利用するのがほとんどです。
タトゥーもレーザーですることが不可能ではありませんが、
消えるまでに時間がかかりますし、即座に消したい場合は手術痕が残る切開に頼らざるを得ません。
アートメイクやタトゥーに興味があるという人は、両者の違いを意識したうえでご利用ください。

アートメイクとは何か

女性の皆さんは、毎日のお化粧にどれだけの時間をかけているでしょうか?
1日30分だとしても、それが1週間積み重なれば本を1冊読めてしまうほどの時間になります。
また、忙しい朝の時間帯は1分でも多く時間を節約したい、
少しでも長く寝ていたいという欲求に駆られることもあるでしょう。
それでも仕事やプライベートにおいてお化粧をしないわけにはいかないという人もいると思います。
そんな皆さんの助けになるのがアートメイクなのです。

アートメイクとは、皮膚に注射を打ち込むことで色素を定着させる施術のことです。
言葉だけを効くと痛い注射のように思えるかもしれませんが、
アートメイクで利用される注射の針は非常に小さく、痛みを覚えにくいことで知られています。
肌に色素を打ち込むという施術としては刺青を想像される方もいるかもしれません。

しかし、アートメイクは刺青とは全く異なります。
その最大の特徴は、時間と共に薄くなっていくという点です。
ただし、あくまで薄くなるだけであり、水や汗で滲んでしまうことが無いというのが最大のメリットです。
化粧品の進化は目覚ましいものがありますが、
それでも汗をかいたり雨にあたったりしてしまうとお化粧が崩れてしまうこともあるでしょう。
アートメイクはそういったお化粧のデメリットを解消する策として、幅広い世代から支持されているのです。

肌は大きく3つの組織が積み重なっています。
表層の部分から、表皮、真皮、皮下組織と呼ばれており、
アートメイクは表皮と真皮の間の部分に注射を打つことになります。
表皮は肌の生まれ変わりによって新しいものへと変わっていきます。
これが繰り返されるので、アートメイクは時間と共に薄くなっていくのです。
アートメイクのもう一つの特徴として、除去手術を受けることで
肌をもとの状態に戻すことが出来るという点にご注目ください。

アートメイク除去の手術ではレーザーを用いるのが一般的です。
レーザーは脱毛にも用いられる比較的弱い光を使用するので、皮膚を過剰に痛める可能性は低いといえます。
そもそも、レーザーによるシミや色素沈着を除去する手術は多くの美容整形外科で行われていることですし、
アートメイクは人工的に皮膚の浅い部分に色素を打ち込んだものですから、
身体がもつメラニン色素が生み出したシミよりも剥がれやすい傾向にあるのです。

気を付けていただきたいのは、アートメイク除去は医療行為にあたるという点です。
レーザーを用いるわけですから、専門の知識を持つ医療関係者がいる施設でなければ行えないことになっています。
施術の際にレーザーから目を守るコンタクトやテープを下瞼に貼って光が目に入らないようにするなど、
安全面を考慮した施術が望まれているのです。