アートメイク除去の具体例

女性の皆さんの中には、アートメイクでお化粧の手間を減らしているという人もいると思います。
アートメイクは刺青と同視されがちですが、肌にかける負担や将来性は大きく異なるのです。
刺青は肌の深い部分に色素を埋め込むために、除去手術をしなくては消えることはありません。

しかし、アートメイクの場合は色素を定着させてから数年経てば少しずつ薄くなってくるのです。
これは、アートメイクの方が肌の浅い部分を染色しているから起こり得る現象といえます。
アートメイクは刺青に比べれば色が落ちやすい施術ではありますが、
水で濡れたり石鹸をつけて擦ったりしたとしても消える可能性は限りなく低いといえます。
肌自体が色素で染まっている状態にあるわけですから、
そうした外的な刺激ではなかなか落とすことは難しいのです。
では、自然に落ちるのを任せるしかないのかという疑問をお持ちの方もいるでしょう。
今回は、アートメイク除去の手術における具体的なケースについて見ていきます。

アートメイクの除去といっても、お客の要望によって様々な取り除き方があります。
職場の環境やプライベートにおける状況が変わったから、
アートメイクで作った眉を全て消して欲しいというケースは良く見られます。
こういった場合には、レーザーを照射して眉を染めた色素を取り除くことになるのです。
アートメイク除去は医療行為ですから、医師の監修のもとで行われる手術の一種となっています。
このレーザーは眉だけでなく目の際といった細かい部分にも照射することが可能です。
そのため、アートメイク除去を望まれる方の中には、アートメイクの全てを消すのではなく、
部分的にデザインを変更したいという理由でクリニックにやってくることもあるのです。

豊富な施術経験を持つクリニックでは症例写真を提示しながら具体的なケースについての情報を公開しています。
施術の流れとしては、レーザーを照射する箇所に麻酔効果のあるクリームを塗り、さらに局所麻酔を注射します。
そこにレーザーを当てることになるので、施術中に痛みを覚えずに済むことも少なくありません。
レーザーによるアートメイク除去施術では、ダウンタイムが比較的短いというのもメリットといえます。
肌が赤く炎症したり、かさぶたになったりしたような症状に陥ることもありますが、
多くの場合は腫れが数時間で収まり、シャワーを浴びても問題ないとされることが多いのです。
もちろん、皆さんの体質やアートメイクの施し方によって症状が変わることもありますから、
アートメイク除去の手術を受ける際には、医師の説明にしっかりと耳を傾けましょう。

コメントを残す