アートメイクに関する注意点

少し前までは考えられなかったものが常識になっているという光景を、目にした人もいることでしょう。
数十年前までは携帯電話が子供にまで普及するとは考えられませんでしたし、
これから先の未来ではもっと予測不可能なことが当たり前として受け入れられているかもしれません。
お化粧といえばコスメを肌に乗せるものという認識が一般的ですが、
最近ではアートメイクを活用する人も増えてきました。
携帯電話の例を考えると、将来にはアートメイクを利用することが
当たり前になっているという可能性も否定出来ませんよね。
そこで今回は、アートメイクに関する注意点について詳しくご紹介します。

アートメイクは刺青と同様に肌に色素成分を打ち込み、皮膚そのものを染色するという施術のことです。
刺青と大きく異なるのは、時間を重ねるにつれて少しずつ色が落ちてくるという点です。
アートメイクは皮膚の浅い層に色素を打ち込むので、刺青のように半永久的に肌に残ることはありません。
それでも一般的なコスメと比較すれば、格段に長持ちしますし、
そもそも水や汗が付着したくらいでは全く落ちることが無いのです。

眉をはじめとした、お化粧に時間がかかる一方で繊細なテクニックを必要とする部位には、
アートメイクで色素を沈着させておくと、出掛ける前の準備時間を短縮させることが出来ます。
注意点としては、アートメイクでは多少の痛みを伴うことがあるという点です。
最近では麻酔が発達していますが、チクチクと突かれるような痛みを感じることは否定出来ません。

またアートメイクをするクリニックによっても麻酔の方法は異なるので、事前に確認するのがおすすめです。
施術時間はカウンセリングから施術を含めて2時間程度と短い期間で済むのも特徴といえます。
アートメイクはレーザー照射による除去手術でデザインを変えられるというのも大きな特徴となっています。
レーザー照射では、すべてのアートメイクを一度に除去するのが難しいこともあります。
なぜかというと、レーザーの照射によって副次的に色素が沈着することもあり、
それが安定してからでないと、皆さんの皮膚の色そのものが変わってしまうケースが見受けられるからです。
そのためアートメイク除去手術を受ける際には、数日間の余裕を持っておくことをおすすめします。

ただし、レーザーを照射する時間が短い、すなわち除去する部位が小さければ
何度も施術をする必要もなくなるので、今回は、眉尻の部分だけ除去して、
次は全体的に薄くするといった計画的に沿ってアートメイク除去をしていくと良いでしょう。

コメントを残す